2018年5月28日月曜日

【神戸ルーテル神学校夏の語学講座ヘブル語編】2018/7/13(金)

やさしく読める聖書語学短期講座

(担当者のヘブル語に限定案内。詳細は添付画像および神学校のサイトをご覧下さい)
日時:2018年7月13日(金) 
11:00〜はじめてのヘブル語(初めてでもヘブル文字が読めるようになります!) 
13:30〜ヘブル語講読(未完了形復習) 
15:15〜ヘブル語講読(詩篇の未完了形を見てみましょう)
場所:神戸ルーテル神学校
   (神戸市バス2系統三宮駅前から青谷バス停下車徒歩すぐ)
   http://www.koluthse.jp/
費用:1コマ3,000円
お申し込み,詳細:office@koluthse.jpまで

盲目の笛吹きファン・エイクの《笛の楽園》全143曲演奏の試み(2)(2018/7/8,神山ホール)

第14回 音楽文化論特別講義2018

ファン・エイク《笛の楽園》

全143曲演奏の試み (2)

〜17世紀の盲目のリコーダー吹きがオランダの教会の中庭で奏でた変奏の数々〜

日時 2018年7月8日(日) 15時開演
   (開場14時30分。終演予定17時)
会場 京都産業大学神山ホール大ホール
   〒603-8555 京都市北区上賀茂本山
   アクセス https://www.kyoto-su.ac.jp/access.html
入場料  無料    

曲目(予定)
J.ファン・エイク (1590頃-1657)
《笛の楽園 第1巻》(1649 2nd ver) より 
〈オナンまたはタンネケン〉〈空威張り〉〈英国の夜鳴き鴬〉〈フランスのバレ〉〈ファンタジアとエコー〉〈我が恋人シレ〉〈詩篇68(神よ。立ち上がってください)〉他
G.B.リッチョ カンツォン
G.フレスコバルディ カンツォン

出演 
竹内 茂夫
(エイク・リコーダー。文化学部教授)
三島 郁
(鍵盤通奏低音。音楽学。友情出演)

主催 竹内 茂夫(音楽文化論および「笛ゼミ」他担当)
後援・協力 京都産業大学文化学部
問合先 竹内 茂夫 atake(あっと)cc.kyoto-su.ac.jp

2017年9月10日日曜日

第24回西アジア言語研究会(2017/9/10,京都産業大学)

第24回西アジア言語研究会(2017[平成29]年度) 


平成29年度の研究会を,下記の通り行いました。
今年度は,これまでの年末ではなくて9月上旬に変更しました。
今後もご関心のある方の聴講をお待ちしております。

日時: 平成29年9月10日(日) 14:00~17:00
場所: 京都産業大学 第2研究室棟1階会議室


プログラム






 竹内 茂夫 「ヘブライ語聖書第1サムエル記18章6b節に現れる 音楽用語のšālīšîm〜リュートの可能性は?〜」
 森 若葉 「京都大学総合博物館所蔵未公刊粘土板資料−古バビロニア不動産売買文書」
 吉田 和彦 「ヒッタイト語作為動詞についての覚書」

【研究会の趣旨】
 本研究会は,近東地域を中心とした古代諸言語(印欧アナトリア諸語,セム諸語,その他)の個別言語の研究者の小さな集まりです。
 これまで発表において扱われた言語は,印欧アナトリア諸語としてヒッタイト語,象形文字ルウィ語,他の印欧語としてアヴェスタ語,トカラ語,ペルシア語,セム諸語として古典ヘブライ語,フェニキア語,シリア語,アラム語,アッカド語,南アラビア語,その他の言語としてシュメール語,フルリ語です。
  これらの言語を研究されている皆様のご聴講を歓迎いたします。
【世話人】
大城 光正(京都産業大学外国語学部)
竹内 茂夫(京都産業大学文化学部) 

2017年6月18日日曜日

「音楽の日」(2017/6/24,アンスティチュ・フランセ東京)

今年もアンスティチュ・フランセ東京@神楽坂の「音楽の日2017」に出演することになりましたが,昨年までとは違って,夕方になって時間も拡大され,コンサート1時間,その前に古楽のワークショップを1時間行うことになりました。

お時間ありましたらぜひのぞいて見て下さいませ!
Fête de la Musique 2017
🇫🇷
Voyage au temps du baroque La musique au XVIIe siècle. 
Instruments et partitions anciens

24 juin 2017
l’Institut français Tokyo

Shigeo Takeuchi (flûte à bec, guitare baroque, musicologie)
Marie Suga (violon baroque)
Tomoko Ono (hautbois baroque)
Yuriko Yamada (guitare baroque) 
et Rintaro Nishigaki (guitare baroque)

17h00 Atelier
“Voyage au temps du baroque - La musique au XVIIe siècle.
Instruments et partitions anciens”

D. Castello, J. van Eyck, R. Carr, F. Corbetta, F. Barsanti, W. Croft

18h00 Petit concert de la musique ancienne
“Voyage au temps du baroque“

G.B. Fontana, F. Corbetta, J. van Eyck, J. Playford, G.A.Pandolfi Mealli

2017年6月17日土曜日

ファン・エイク《笛の楽園》全143曲演奏の試み(1)(2017/7/8,神山ホール)

ファン・エイク《笛の楽園》全143曲演奏の試み(1)
〜《笛の楽園》に描かれたリコーダー,フェルメールが描くギターによる〜

ミッフィーの生みの親の故ディック・ブルーナ氏が住んでいたオランダ中部の都市ユトレヒト、この地の諸教会にてカリヨン,リコーダー奏者として活躍したのが盲目のファン・エイクです。後に2巻143曲にまとめられた《笛の楽園》(1644,49,56) には,学校でよく使われているものとは違うリコーダーが描かれています。また,焼き物で有名なデルフトにて同時代に活躍した画家フェルメールは「ギターを弾く少女」(1670-2) で現代とは違うギターを描いています。この2つの現代のコピー楽器を使って,《笛の楽園》全143曲を10年ほどかけて全曲演奏を,ギターにて関連する当時の舞曲を演奏する試みの第1回目です。珍しい楽の音をお聴きのがしなく!
日時 2017年7月8日(土) 15時00分(開場14時30分)
会場 京都産業大学神山ホール大ホール
   〒603-8555 京都市北区上賀茂本山 
曲目(予定)
J.ファン・エイク (1590頃-1657)
《笛の楽園 第1巻》より 
〈ダフネ〉〈とんまなサイモン〉〈涙のパヴァーヌ〉〈天にまします我らの父よ〉〈マリアの賛歌〉〈詩篇118〉(2つの版による)

F.コルベッタ (1615頃-81)
D上のパッサメッツォ〜装飾された第2部〜そのコッレンテ〜パッサメッツォのガリアルダ〜そのコッレンテ (1639)
フォリアス (1643,1648)
第5旋法のプレリュード−アルマンド−サラバンド (1648)

A.M.バルトロッティ (17世紀前半-1668以降) 
フォリア(1655)

出演 竹内 茂夫(エイク・リコーダー他,バロック・ギター)
プロフィール
リコーダーを太田光子氏他多数,バロック・ギターを竹内太郎氏他,キタローネ(イタリアン・テオルボ)を佐野健二氏他,16〜17世紀の音楽を笠原雅仁・上野訓子両氏他に師事,多数のレッスンやマスタークラスを受講。17世紀イタリアなどの初期バロック音楽に特化したアンサンブル・パッサメッツォ・アンティーコ主宰,16〜17世紀宗教合唱曲を歌う会メンバー。日本リュート協会会員。京都産業大学文化学部教員。
主催 竹内 茂夫
後援・協力 京都産業大学文化学部
入場料 無料
問合先 竹内 茂夫 atake(あっと)cc.kyoto-su.ac.jp

2017年6月13日火曜日

【音楽文化論】プチ演奏曲目一覧:2016A(春学期)

6/13
♪フランチェスコ・コルベッタ Francesco Corbetta (1615頃-81)
《スペインのギターのためのソナタの戯れ集 第4巻 Varii Scherzi di Sonate per la Chitara Spagnola. Libro Quarto》(1648, ブリュッセル) より
第5旋法のプレリュードPrelud[e] al 5to tuono-アルマンドAlm[and]a-サラバンドSar[a]b[and]a

6/6
♪ジョヴァンニ・ジローラモ・カプスペルガー Giovanni Girolamo Kapsperger (ドイツ名ヨハネス・ヒエロニムス・カプスベルガーJohannes Hieronymus Kapsberger,1580-1651)
《キタローネのラブラチュア集 第1巻 Libro I d'intavolatura di chitar[r]one》 (ヴェネツィア 1604)より 
アルペッジャータArpeggiata

5/30
♪ヤコプ・ファン・エイク Jacob van Eyck (1590頃-1657)
《笛の楽園 第1巻 Der Fluyten Lust-hof Eerste Deel》(2nd ed. 1649) より
〈狂人サイモンMalle Symen〉

5/23
♪エスタンピー〈トリスタンの嘆き~ラ・ロッタ Lamento di Tristan/La rotta〉(14世紀)

5/16
♪ヤコプ・ファン・エイク Jacob van Eyck (1590頃-1657)
《笛の楽園 第1巻 Der Fluyten Lust-hof Eerste Deel》(2nd ed. 1649) より
〈詩篇Psalm 118〉(Euterpeもしくは「第1版」による)

5/9
♪ヤコプ・ファン・エイク Jacob van Eyck(1590頃-1657)
《笛の楽園 第1巻 Der Fluyten Lust-hof Eerste Deel》(2nd ed. 1649) より 
〈ラヴィニョンLavignone〉[クラント]

5/2
♪フランチェスコ・コルベッタ Francesco Corbetta (1615頃-81)
《スペインのギターによる和声の戯れ,興味深い器楽曲から見つけ容易に編曲したもの De gli scherzi armonici trovati, e facilitatí in alcune curiosissime suonate sopra la chitarra spagnuola》(1639、ボローニャ) より 
D上のパッサメッツォPass'e mezo sopra il D
~装飾された第2部Altra parte passegiata
~そのコッレンテSua Corrente
~パッサメッツォのガリアルダGagliarda del Pass'e mezo
~そのコッレンテSua Corrente

4/25
♪フランチェスコ・コルベッタ Francesco Corbetta (1615頃-81)
《スペインのギターによる和声の戯れ,興味深い器楽曲から見つけ容易に編曲したもの De gli scherzi armonici trovati, e facilitatí in alcune curiosissime suonate sopra la chitarra spagnuola》(1639、ボローニャ) より 
ベルガマスコ Bergamasco

4/18
♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657)
《笛の楽園 第1巻 Der Fluyten Lust-hof Eerste Deel》(2nd ed. 1649) より 
〈ダフネが最も美しかった時 Doen Daphne D'over Schoone Maeght〉

4/11
♪ヤコプ・ファン・エイク(1590頃-1657)
《笛の楽園 第1巻 Der Fluyten Lust-hof Eerste Deel》(2nd ed. 1649) より 
〈プレリュードまたは前奏曲 Preludium ofte Voorspel〉
〈天にまします我らの父よ Onse Vader in Hemelrijk〉

2017年4月19日水曜日

【音楽文化論】プチ演奏曲目一覧:2016B(秋学期)

1/14 J・S・バッハ(1685-1750)
《横型フルートのためのソロSolo p[our une] flûte traversière par J. S. Bach》BWV1013より
〈アルマンドAllemande〉

12/22 フランソワ・ル・コック François Le Cocq (18世紀前半)
《ギター曲集Recueil des pieces de guitarre》(1730) より
〈スペインのフォリアFolie d'Espagne〉

12/15 リチャード・ミアーズRichard Meares出版(1717)
《小鳥愛好家の楽しみThe Bird Fancyer's Delight》より 
〈カナリア〉Canary Bird(ヘ長調),
〈紅ヒワ〉Linnet(ハ長調),
〈森ヒバリ〉Woodlark(ニ短調),
〈スズメ〉Sparrow,
〈歌ツグミ〉Throstle

12/8 ジャック・マルタン・オトテール「ル・ロマン」Jacques-Martin Hotteterre ``le Romain'' (1674-1763)
《プレリュードの技法L'Art de Preluder》作品7より 
フリュート・ア・ベックためのプレリュードPreludes pour la Flûte-a-becより 
ト短調(中庸に-中庸に-陽気に)G Mineure (Moderé - Moderé - Gay)

12/1 フランチェスコ・コルベッタFrancesco Corbetta (1615頃-81)
《スペインのギターのためのソナタの戯れ集第4巻Varii Scherzi di Sonate per la Chitara Spagnola》(1648ブリュッセル) より 
第5旋法のプレリュード-アルマンド-サラバンドPrelud[e] al 5to tuono - Alm[and]a - Sar[a]b[and]a

11/24 ヤコプ・ファン・エイクJacob van Eyck (1590頃-1657)
《笛の楽園Der Fluyten Lust-hof》より〈我が愛しのアマリッリAmarilli mia bella〉

11/10 ジョヴァンニ・バッティスタ・スパーディ (?-1609/24)
《段階ごとの上行と下行のパッサッジョの書Libro de passaggi ascendenti, et descendenti di grado per grado》(1624,ヴェネツィア)より 
チプリアーノ・ディ・ローレCipriano di Rore〈別れの時にはAncor che co'l partire〉に基づくパッサッジョ

10/27 ヤコプ・ファン・エイクJacob van Eyck (1590頃-1657)
《笛の楽園Der Fluyten Lust-hof》より
〈朝のシルヴェスターSilvester inde Morgenstont〉

10/20 ジョヴァンニ・バッサーノ (Giovanni Bassano 1558頃-1617)
《モテット,マドリガーレ,フランス風カンツォン集Motetti, madrigali et canzone francese》(1591)より 
〈野も山も早春の装いVestiva i Colli〉に基づくディミニューション

10/13 ジョヴァンニ・バッサーノ (Giovanni Bassano 1558頃-1617)
《モテット,マドリガーレ,フランス風カンツォン集Motetti, madrigali et canzone francese》(1591)より 
〈アヴェ・マリアAve Maria〉に基づくディミニューション

10/6 ヤコプ・ファン・エイクJacob van Eyck(1590頃蘭-1657蘭)
《笛の楽園》より〈詩篇134篇Psalm 134〉

9/29 ヤコプ・ファン・エイクJacob van Eyck(1590頃-1657)
《笛の楽園Der Fluyten Lust-hof》より
〈天にまします我らの父よOnse Vader in Hemelryk〉